サブリース契約には意外な落とし穴があります。それを知らずにサブリース契約を締結してしまうと、大きな損をする恐れがあります。今回はサブリース契約の落とし穴について、ご紹介したいと思います。

サブリース契約の想像できない落とし穴について!

サブリース契約では、契約内容さえしっかりと吟味することができれば、リスクを回避することができるのでしょうか?それが、そうとは限らないんです。サブリース契約には、サブリース契約特有の大きな落とし穴があります。

その代表的なものが、サブリース契約の急な解除です。サブリース契約には、30年間の家賃保証などをうたうものがあります。しかし、これは必ずしもサブリース会社側からの中途解除が不可能になるというものではありません。

そのため、環境や状況の変化によりサブリース契約がいきなり解除されてしまうリスクがあるんです。将来の収入を見込んで計画を立てていたオーナーにとってはとてもつらいですね。

サブリース会社の倒産というリスク。

また、予想外なものとしては、サブリース会社の倒産があります。こればっかりはどうすることもできません。サブリース会社が倒産したら、当然ながら家賃はオーナーに入ってきません。

もちろんそこから新しいサブリース会社を探すことにもなるのでしょうが、手続は大変に面倒になりますね。サブリース会社の突然の倒産というリスクも頭に入れておきましょう。

もしもの際は専門家に相談しましょう!

このように、サブリース契約に関わるリスクというものは予測可能なものから予測不可能なものまで沢山あります。そういったリスクに遭遇してしまった場合は、冷静に判断し、時と場合によっては法律の専門家に相談するようにしましょう。

関連する記事

green-ink This entry was posted in. サブリース契約について サブリース契約の落とし穴に注意です!.