サブリース業者はどのような目的でサブリース契約を締結するのでしょうか?それを知ることは、自分に不利な契約を締結させられないためにも必要です。今回は、業者の側から、サブリース契約についてみていきましょう。

サブリース契約は業者にもメリットがあります!

サブリース契約はオーナーにとって魅力的なものですが、当然ながら業者にもメリットがあります。そうでなければ、業者はサブリース契約なんて結びませんからね。サブリース契約における業者のメリットは、自身が不動産を所有していないにも関わらず、不動産から収入を得ることができるという点です。

契約では、業者は、オーナーに代わって不動産の管理運営を行います。つまり、不動産の管理運営のノウハウを使って、オーナーができない業務を代わりに行っているというわけですね。そこに手数料が発生し、それが業者の収入となるわけです。このようにサブリース契約は両社にとってうまみのある契約になっているわけですね。

不動産の管理運営を効率的に行うことができます。

業者の規模が大きくなり、組織化が進むと、不動産の管理運営を効率的に行うことができるようになります。そうなりますと、一度に数多くの不動産の管理運営ができます。長期的に事業を続けることで、効率化が図られ、不動産の管理運営のノウハウをより効率的に活用できるようになるのも、大きなメリットですね。

サブリース契約は、オーナーと業者の利害が一致します。

このように、サブリース契約においては、オーナーと業者の利害が一致します。つまり、両社がお互いに補い合う関係になるわけですね。そのため、どちらにとってもメリットのある契約になるんです。サブリース契約を締結する場合は、自分と相手のどちらもメリットを得られるような内容にすることを心がけたいものですね!

関連する記事

green-ink This entry was posted in. サブリース契約について サブリース業者が契約において得をすること!.